スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

ママチャリ 伊豆ツーリング☆



バイクでの紀伊半島日帰りツーリングから2週間後の土曜日。

以前から計画していた ママチャリ伊豆ツーリングの決行日がついにやって来ました☆



今年1月、富士スピードウェイでのママチャリGPに初参加し 大いに感動したこともあり

来年1月のママチャリGPにも連続参加する気満々だったのですが

8月の時点でエントリー多数のため申込が出来ず その代わりにこの日の伊豆ツーを計画していました!!



7月のママチャリツーでは熱中症に見舞われ散々な目に遭い 自信を失いかけてたこともあり

今回のママチャリツーは自分自身復活のためのリベンジでもあります。


集合時刻は午前9時、清水区のアウトドアショップ「SWEN」です。

まずはそれに合わせ 静岡の自宅から12Kmの道のりをウォーミングアップがわりに走って来ました。

003_convert_20101225201958.jpg


7月のママチャリツーに合わせ新調した外装5段変速のわが愛車です♪

集合場所には 一番距離のある私が最初に到着でした!!

「マジかよ!」と待っていると・・・・・

008_convert_20101225202030.jpg


皆さん余裕の集合!

本日の参加メンバーは6名! 写真の軽トラは おじさんたちのオアシスと申しましょうか

もしものときのサポート車です

013A_convert_20101225202105.jpg


準備も整ったところで 出発直前の記念撮影です!

ママチャリツーなのに 反則のスポーツ車に乗って来た輩もいますが

そこは皆 一応大人なので 無条件で参加許可です♪

016A_convert_20101225202136.jpg


走りだしてから4Kmほど、R52入口にあるコンビニでスポーツドリンクなんかを買い込み

本格的に伊豆に向けスタートです。

017_convert_20101225202216.jpg



駿河湾の沿岸、富士由比バイパスの側道を軽快?に走って 富士川河口までやってきました。


7月にここまで来た時には 前日の琵琶湖ツーの疲れと猛暑のためか

かなりのダメージがありましたが 今回は気温が低いこともあり

体力のほうはまだ余裕がありました。

ただ2週間前の紀伊半島日帰りツーリングでの転倒時の左胸の痛みは まだ残っていて

そのことが少し気がかりではありました。

018_convert_20101225202255.jpg


富士川を渡り 海岸線沿いを先に進みますが ここからはママチャリでは未知の領域に入って来ました。


田子の浦港に海岸沿いの自転車道を阻まれ 港を回り込む道を探しながら

ここからは沼津港を目指し 富士市から沼津市をつなぐ防風林の千本松原を横目に

駿河湾の海岸沿いに堤防の上を走って行くのですが

さすがにここまで走ってくると そろそろ膝の上辺りが痛くなってきました。

028_convert_20101225202340.jpg


総勢6名ですが、1人はサポートの軽トラ担当なので ママチャリ走行をしているのは5人!


千本松原に差し掛かった辺りから 横風、向い風が強くなり 全員自分の走りで精いっぱいの状態に!

体力の消耗も加速度的に激しくなり それまで揃って走っていたメンバーが しだいにバラケ出しました!

私がすこし油断していると みるみる差が開き追いつくことができません。


みんなすげー体力気力だなぁ~などと感心しながら必死にペダルを踏み込みますが

なかなか進んで行かない状態に!



走りながら 前を行くメンバーを見ていたら うかつにも忘れていた皆の経歴が頭に浮かんできました。

今では皆 すっかりおっさんですが 高校時代は静岡県国体選抜のサッカー選手だったり

清水商業サッカー部OBだったり、ボート部OBだったり、現役ママさんバレーボールのコーチだったり

そしてまた小中学生のときマラソン大会では常に1位だった現役市民サッカーリーグのプレーヤーだったりと

ちょっと並みのおっさんたちでは無かったような!!!!!


げっげっ!! やばい俺だけ 帰宅部だった並み中の並みのおっさんだ~~





このあとは 自分の気力だけを頼りに 大丈夫なのかどうかもわからない足の痛みに耐えながら

なんとか沼津港に辿りつき昼食をとることに!


昼食をとりながら このあと今日宿泊する修善寺のリゾート?ホテルまでのルートを相談!


R414を海沿いに進むか 香貫山を越えてR136を行くのか!?

正解だったかどうかは定かではないのですが 距離の短そうな後者を選択し 香貫山越えに挑戦!


全員立ちこぎMAXで頑張るも ついに足が吊り出すメンバーも出だしてきました


静岡人のおっさんたち、この辺りは何度か車では走ったこともあり、あ~だ!こ~だ!言いながら

適当な道を探し 小休止を入れながら 大仁の洋らんパークに到着しました!


ママチャリを降りると 疲れと痛みで ふらふらヨロヨロと地に足がつきません

ここで少し休憩を挟み、もう少しのはずの今日宿泊する修善寺のホテルを目指し

最後の力を振り絞ることに!

030A_convert_20101225202417.jpg


距離はそれほど無かったものの しばらく走るとホテルまでラスト2.5Kmの急坂が

待ち構えていたのです。

へとへとになり限界を超えていたメンバーに さすがにこの壁は強敵でした!


当然全員歩きを交え少しづつ進めて行きましたが

幾つかのアップダウンに苦しめられ ここを自力で走破出来たのは2名だけでした!
 
あとの おじさんたちは軽トラにレスキューされ 16時ころホテルに到着したのでした。


お互いの労をねぎらいながら しばし放心状態の面々です。


放心状態ではありますが とりあえずビールは欠かせません!

032A_convert_20101225202501.jpg


このあとゆっくりと温泉に浸かり 今夜のもうひとつの楽しみ 夕食の時間です!


皆さん飲む飲む!!

明日は船原峠越えですが 大丈夫ですか???

037A_convert_20101225202538.jpg


夕食のあとは 部屋に場所を移して 高校時代の修学旅行気分で飲み直しが始まりました!!


持ち込んだビールや日本酒を全部飲み干したあと

イビキと寝言の大合唱が繰り広げられたのは言うまでもありません!

039A_convert_20101225202608.jpg


そして翌朝!

今日は今回のママチャリツーリングの最大の山となる 船原峠(土肥峠)越えに挑みます!


全員、峠を越えられるかどうか自信など有るはずもなく不安が募っていましたが

出発を前に メンバー2人が朝早くサポート車の軽トラで最終目的地である土肥港までのルートを

下見に行ってくれ 大体の状況を把握することができ 何とかなりそうだということで

気合いを入れ ホテルのおねいさま方に見送られながらのスタートとなりました!

041A_convert_20101225202646.jpg


しばらく走ると 船原峠が嘲笑うかのように私たちの前に立ちはだかりました。


バイクでは楽しい登りのワインディングも ママチャリにとっては ただただ辛いだけの登り坂!

すこしでも距離を稼ごうと ママチャリを降りずに 立ちこぎしたりしながら頑張りますが

昨日の溜まった疲れもあり なかなか登り坂を進めることができません。


この後、延々と続いた苦しさにもがく場面の写真は 峠を登るのに必死で撮ることが出来ませんでした。

044A_convert_20101225202725.jpg


10Kmにおよぶ船原峠を 必死の思いで登りきり 頂上のトンネルに辿り着いたときは

この上ない喜びに沸きました!!



ここから土肥港までは10Kmの下り!

下りは下りで トンネル内で車に追い越されたり 50台くらいのハーレーの爆音に

追い越されたりと 相当恐い思いをし 日本の道路が如何に自転車に優しくないかを実感しながら

途中 峠のドライブインで休憩!

048_convert_20101225202808.jpg


伊豆の案内図を見ながら 走ってきたコースをたどり すこし余裕を取り戻しました。

049A_convert_20101225202841.jpg


土肥に到着後 人気店の食事処「さくら」さんに立ち寄り昼食です!

056A_convert_20101225202916.jpg


お手頃価格で 納得の海鮮丼やまぐろ丼を頂きながら、全員 船原峠越えの達成感に浸っていました!

052_convert_20101225203007.jpg


ここまで来てしまえば あとは土肥港から清水港に向け フェリーに乗るだけ!

出港時刻まで 土肥港界隈をプチ観光し

061_convert_20101225203044.jpg


フェリー乗船のため 乗り場に待機です。

066A_convert_20101225203121.jpg


乗船順位が先頭だったため 待つこと数十分。

067_convert_20101225203157.jpg


清水港からのフェリーが到着しました!

073A_convert_20101225203233.jpg


14時半ごろ土肥港を出港! 65分間の船旅が始まりました。


すこしづつ遠ざかって行く土肥港と越えて来た船原峠を記念撮影する

ママチャリ伊豆ツーリング発案者の後ろ姿です!!

088_convert_20101225203315.jpg


出港してすぐ戸田の向こうに圧巻の富士山が姿を現しました~☆

095_convert_20101225203358.jpg


すこし寒いですが 気持ちの良い海風に吹かれながら デッキからの絶景を楽しみます♪

102_convert_20101225203440.jpg


フェリーが駿河湾の真ん中に差し掛かると 真正面からドデカイ富士山と向かい合うことができました☆

104_convert_20101225203516.jpg


やがて清水港に近づいたフェリーから後ろを振り向くと いつも見慣れた富士山の姿が♪

112_convert_20101225203551.jpg


前方には日本平がはっきりと見えて来ました!

116_convert_20101225203628.jpg


そして 15時半ころ清水港に入港し エスパルスドリームプラザに程近いフェリー乗り場に着岸です。

120_convert_20101225203710.jpg


着岸し メンバーが下船の順番を待っていますが、どうも ママチャリは私たちだけだった模様です!

123_convert_20101225203747.jpg


全員が下船し 無事清水港に帰ってくることができました☆


このママチャリたちも良く頑張ってくれました!!

128_convert_20101225203834.jpg


ママチャリ伊豆ツーリングは ここ清水港でお開きということで 記念撮影を♪

みんないい年して 走りきったことに満足げな表情でした!!

127A_convert_20101225203908.jpg


こうして清水港で解散となり 各自帰宅の途に就きました。



このあと私も静岡まで12Kmの道のりを走りきり 走行距離125Kmのママチャリツーリングを

成功させることができました☆


終わってしまえば なんだか あっという間のできごとでしたが

自分自身、ママチャリでのリベンジを果たし 自信を取り戻すことのできた挑戦だったと思います☆



スポンサーサイト
バイクFAN | コメント(0) | 2010/12/30 21:02
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。