スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

ママチャリ 伊豆ツーリング☆



バイクでの紀伊半島日帰りツーリングから2週間後の土曜日。

以前から計画していた ママチャリ伊豆ツーリングの決行日がついにやって来ました☆



今年1月、富士スピードウェイでのママチャリGPに初参加し 大いに感動したこともあり

来年1月のママチャリGPにも連続参加する気満々だったのですが

8月の時点でエントリー多数のため申込が出来ず その代わりにこの日の伊豆ツーを計画していました!!



7月のママチャリツーでは熱中症に見舞われ散々な目に遭い 自信を失いかけてたこともあり

今回のママチャリツーは自分自身復活のためのリベンジでもあります。


集合時刻は午前9時、清水区のアウトドアショップ「SWEN」です。

まずはそれに合わせ 静岡の自宅から12Kmの道のりをウォーミングアップがわりに走って来ました。

003_convert_20101225201958.jpg


7月のママチャリツーに合わせ新調した外装5段変速のわが愛車です♪

集合場所には 一番距離のある私が最初に到着でした!!

「マジかよ!」と待っていると・・・・・

008_convert_20101225202030.jpg


皆さん余裕の集合!

本日の参加メンバーは6名! 写真の軽トラは おじさんたちのオアシスと申しましょうか

もしものときのサポート車です

013A_convert_20101225202105.jpg


準備も整ったところで 出発直前の記念撮影です!

ママチャリツーなのに 反則のスポーツ車に乗って来た輩もいますが

そこは皆 一応大人なので 無条件で参加許可です♪

016A_convert_20101225202136.jpg


走りだしてから4Kmほど、R52入口にあるコンビニでスポーツドリンクなんかを買い込み

本格的に伊豆に向けスタートです。

017_convert_20101225202216.jpg



駿河湾の沿岸、富士由比バイパスの側道を軽快?に走って 富士川河口までやってきました。


7月にここまで来た時には 前日の琵琶湖ツーの疲れと猛暑のためか

かなりのダメージがありましたが 今回は気温が低いこともあり

体力のほうはまだ余裕がありました。

ただ2週間前の紀伊半島日帰りツーリングでの転倒時の左胸の痛みは まだ残っていて

そのことが少し気がかりではありました。

018_convert_20101225202255.jpg


富士川を渡り 海岸線沿いを先に進みますが ここからはママチャリでは未知の領域に入って来ました。


田子の浦港に海岸沿いの自転車道を阻まれ 港を回り込む道を探しながら

ここからは沼津港を目指し 富士市から沼津市をつなぐ防風林の千本松原を横目に

駿河湾の海岸沿いに堤防の上を走って行くのですが

さすがにここまで走ってくると そろそろ膝の上辺りが痛くなってきました。

028_convert_20101225202340.jpg


総勢6名ですが、1人はサポートの軽トラ担当なので ママチャリ走行をしているのは5人!


千本松原に差し掛かった辺りから 横風、向い風が強くなり 全員自分の走りで精いっぱいの状態に!

体力の消耗も加速度的に激しくなり それまで揃って走っていたメンバーが しだいにバラケ出しました!

私がすこし油断していると みるみる差が開き追いつくことができません。


みんなすげー体力気力だなぁ~などと感心しながら必死にペダルを踏み込みますが

なかなか進んで行かない状態に!



走りながら 前を行くメンバーを見ていたら うかつにも忘れていた皆の経歴が頭に浮かんできました。

今では皆 すっかりおっさんですが 高校時代は静岡県国体選抜のサッカー選手だったり

清水商業サッカー部OBだったり、ボート部OBだったり、現役ママさんバレーボールのコーチだったり

そしてまた小中学生のときマラソン大会では常に1位だった現役市民サッカーリーグのプレーヤーだったりと

ちょっと並みのおっさんたちでは無かったような!!!!!


げっげっ!! やばい俺だけ 帰宅部だった並み中の並みのおっさんだ~~





このあとは 自分の気力だけを頼りに 大丈夫なのかどうかもわからない足の痛みに耐えながら

なんとか沼津港に辿りつき昼食をとることに!


昼食をとりながら このあと今日宿泊する修善寺のリゾート?ホテルまでのルートを相談!


R414を海沿いに進むか 香貫山を越えてR136を行くのか!?

正解だったかどうかは定かではないのですが 距離の短そうな後者を選択し 香貫山越えに挑戦!


全員立ちこぎMAXで頑張るも ついに足が吊り出すメンバーも出だしてきました


静岡人のおっさんたち、この辺りは何度か車では走ったこともあり、あ~だ!こ~だ!言いながら

適当な道を探し 小休止を入れながら 大仁の洋らんパークに到着しました!


ママチャリを降りると 疲れと痛みで ふらふらヨロヨロと地に足がつきません

ここで少し休憩を挟み、もう少しのはずの今日宿泊する修善寺のホテルを目指し

最後の力を振り絞ることに!

030A_convert_20101225202417.jpg


距離はそれほど無かったものの しばらく走るとホテルまでラスト2.5Kmの急坂が

待ち構えていたのです。

へとへとになり限界を超えていたメンバーに さすがにこの壁は強敵でした!


当然全員歩きを交え少しづつ進めて行きましたが

幾つかのアップダウンに苦しめられ ここを自力で走破出来たのは2名だけでした!
 
あとの おじさんたちは軽トラにレスキューされ 16時ころホテルに到着したのでした。


お互いの労をねぎらいながら しばし放心状態の面々です。


放心状態ではありますが とりあえずビールは欠かせません!

032A_convert_20101225202501.jpg


このあとゆっくりと温泉に浸かり 今夜のもうひとつの楽しみ 夕食の時間です!


皆さん飲む飲む!!

明日は船原峠越えですが 大丈夫ですか???

037A_convert_20101225202538.jpg


夕食のあとは 部屋に場所を移して 高校時代の修学旅行気分で飲み直しが始まりました!!


持ち込んだビールや日本酒を全部飲み干したあと

イビキと寝言の大合唱が繰り広げられたのは言うまでもありません!

039A_convert_20101225202608.jpg


そして翌朝!

今日は今回のママチャリツーリングの最大の山となる 船原峠(土肥峠)越えに挑みます!


全員、峠を越えられるかどうか自信など有るはずもなく不安が募っていましたが

出発を前に メンバー2人が朝早くサポート車の軽トラで最終目的地である土肥港までのルートを

下見に行ってくれ 大体の状況を把握することができ 何とかなりそうだということで

気合いを入れ ホテルのおねいさま方に見送られながらのスタートとなりました!

041A_convert_20101225202646.jpg


しばらく走ると 船原峠が嘲笑うかのように私たちの前に立ちはだかりました。


バイクでは楽しい登りのワインディングも ママチャリにとっては ただただ辛いだけの登り坂!

すこしでも距離を稼ごうと ママチャリを降りずに 立ちこぎしたりしながら頑張りますが

昨日の溜まった疲れもあり なかなか登り坂を進めることができません。


この後、延々と続いた苦しさにもがく場面の写真は 峠を登るのに必死で撮ることが出来ませんでした。

044A_convert_20101225202725.jpg


10Kmにおよぶ船原峠を 必死の思いで登りきり 頂上のトンネルに辿り着いたときは

この上ない喜びに沸きました!!



ここから土肥港までは10Kmの下り!

下りは下りで トンネル内で車に追い越されたり 50台くらいのハーレーの爆音に

追い越されたりと 相当恐い思いをし 日本の道路が如何に自転車に優しくないかを実感しながら

途中 峠のドライブインで休憩!

048_convert_20101225202808.jpg


伊豆の案内図を見ながら 走ってきたコースをたどり すこし余裕を取り戻しました。

049A_convert_20101225202841.jpg


土肥に到着後 人気店の食事処「さくら」さんに立ち寄り昼食です!

056A_convert_20101225202916.jpg


お手頃価格で 納得の海鮮丼やまぐろ丼を頂きながら、全員 船原峠越えの達成感に浸っていました!

052_convert_20101225203007.jpg


ここまで来てしまえば あとは土肥港から清水港に向け フェリーに乗るだけ!

出港時刻まで 土肥港界隈をプチ観光し

061_convert_20101225203044.jpg


フェリー乗船のため 乗り場に待機です。

066A_convert_20101225203121.jpg


乗船順位が先頭だったため 待つこと数十分。

067_convert_20101225203157.jpg


清水港からのフェリーが到着しました!

073A_convert_20101225203233.jpg


14時半ごろ土肥港を出港! 65分間の船旅が始まりました。


すこしづつ遠ざかって行く土肥港と越えて来た船原峠を記念撮影する

ママチャリ伊豆ツーリング発案者の後ろ姿です!!

088_convert_20101225203315.jpg


出港してすぐ戸田の向こうに圧巻の富士山が姿を現しました~☆

095_convert_20101225203358.jpg


すこし寒いですが 気持ちの良い海風に吹かれながら デッキからの絶景を楽しみます♪

102_convert_20101225203440.jpg


フェリーが駿河湾の真ん中に差し掛かると 真正面からドデカイ富士山と向かい合うことができました☆

104_convert_20101225203516.jpg


やがて清水港に近づいたフェリーから後ろを振り向くと いつも見慣れた富士山の姿が♪

112_convert_20101225203551.jpg


前方には日本平がはっきりと見えて来ました!

116_convert_20101225203628.jpg


そして 15時半ころ清水港に入港し エスパルスドリームプラザに程近いフェリー乗り場に着岸です。

120_convert_20101225203710.jpg


着岸し メンバーが下船の順番を待っていますが、どうも ママチャリは私たちだけだった模様です!

123_convert_20101225203747.jpg


全員が下船し 無事清水港に帰ってくることができました☆


このママチャリたちも良く頑張ってくれました!!

128_convert_20101225203834.jpg


ママチャリ伊豆ツーリングは ここ清水港でお開きということで 記念撮影を♪

みんないい年して 走りきったことに満足げな表情でした!!

127A_convert_20101225203908.jpg


こうして清水港で解散となり 各自帰宅の途に就きました。



このあと私も静岡まで12Kmの道のりを走りきり 走行距離125Kmのママチャリツーリングを

成功させることができました☆


終わってしまえば なんだか あっという間のできごとでしたが

自分自身、ママチャリでのリベンジを果たし 自信を取り戻すことのできた挑戦だったと思います☆



スポンサーサイト
バイクFAN | コメント(0) | 2010/12/30 21:02

寒くなりましたが・・・・・・♪




天気もいいし気温もそれほど低くなさそうなので

富士の裾野 R139沿いにある道の駅「朝霧高源」までひとっ走りです!


富士市から富士宮市街を抜け標高を上げて行くと さすがに自宅周辺の気温とは異なり

防寒を怠ったことがタタって 道の駅に到着するころには 凍えそうになってました

002_convert_20101225153607.jpg


少し前までは 駐車場にバイクが結構止まってましたが

この時期 寒さのためか ここを訪れるライダーもまばらです。

ここまで来ると 雪を被った富士山が間近に迫り 大沢崩れもくっきりと!

その雄大な姿は 迫力ものです

004_convert_20101225153707.jpg


もう少し足を伸ばして 本栖湖畔まで来てみました。

少し移動し 眺める角度を変えると また別の表情を浮かべる富士山を楽しめます

004_convert_20101225153758.jpg


どうですか!?

こんな感じ  とってもいいでしょ

007_convert_20101225153905.jpg


帰り道は R300下りのくねくねを気持ち良く走って来ようと お気楽モードだったのですが

トンネルの中や 日陰の部分は道路が濡れていて しかも凍結部分も残っている模様!!!

こんなところで すってんころりんなんて くわばらくわばら と

ビビリ度MAXで そおっとそおっと下って参りました!




R300からR52へつなぎ 清水区興津へと快走!

清水港をぐるっと回って 久しぶりに三保真崎海岸へやってきました。

対岸に清水港袖師埠頭が見えています。


20代のころは 春から秋にかけて

友人たちと毎週のようにここでシングルハンダーディンギー(小型ヨット)に

興じていましたが・・・・・ 今は昔の思い出です。

007_convert_20101225153951.jpg


そして 由比から蒲原方面に視線を移すと

静岡市民 定番の富士山です~☆

004_convert_20101225154029.jpg


少し雲がかかってしまっていますが

5合目あたりまで雪をいただいた麗しい姿がそびえていました

003A_convert_20101225154059.jpg


これからますます寒くなって行きますが 週一 イナズマとのお散歩ツーは欠かせません







バイクFAN | コメント(4) | 2010/12/27 21:55

イヴの夜~~☆




クリスマスイヴ気分を味わいに お街のイルミネーションを楽しみに行きました~~☆

042_convert_20101225092359.jpg


みるたんもサンタさん色のマフラーでメリークリスマスコスチュームです♪

040_convert_20101225092431.jpg


今年も青葉公園のシンボルツリーは大人気でした

028_convert_20101225093014.jpg


常盤公園近くには イルカさんと ツリーを登るサンタさん~~

031_convert_20101225092530.jpg


あちこち歩きまわって家に帰り 眠ってしまったみるたん~!!

ではなくて 出掛ける前 待ちくたびれて寝てしまったみるたんです

003_convert_20101225092602.jpg


メリー クリスマス~~

お散歩 | コメント(4) | 2010/12/25 18:52

平均時速36km☆ 紀伊半島日帰りツーリング♪


伊勢自動車道 安濃SAを出たのは夜10時ごろだったと思う。

今朝、静岡の自宅を出発したときが 今日一番の冷え込みだと思い込んでいたが

それが軽率な誤りだったことを 走り出した今思い知らされている!

東名阪自動車道 四日市Jctを目指しイナズマを走らせるが 厳しい寒さを強いられているせいか

四日市Jctが思いのほか遠く感じる・・・・・・ 静岡まで230Km!  とにかく寒い!

やっとの思いで 四日市Jctから伊勢湾岸自動車道に入ることができた!!

あとは豊田Jctから東名高速道路に乗り継げば 静岡まで一本道だ!

そう! 東名に入れば着いたも同然だ!!

そして 「明日になれば いい思い出になる。 ぜったいに! 今までだっていつもそうだったよな!!」

自分に言い聞かせながら スロットルを開けていた。

片側3車線の伊勢湾岸自動車道! 夜も11時ころの平均速度は かなりのものだ!

寒さで震えが止まらないが それでも遅めの流れに紛れ込むことができた。

スピードメーターがひん曲がっていて良くは解らないけれど

たぶん ぬあわ から ぬうわで走っていたと思う。

やがて 名港トリトンが闇に浮かび上がって見えてきた☆

瞬間、シュッババッ!!っと

右からAMGが2台、左からアリストが瞬時に抜き去って行く!

すごい速度差を感じ、何キロで走ってんだろ!?などとも思ったが 付いて行く気力などあるはずもなかった。

名古屋の街灯りが かなり下に見え トリトンの高さを今更ながらに体感していたが

そのことが 高所恐怖症である自分を 我に返した!

恐ぇぇ~! 寒みィ~!! 痛ぇェなぁ~!!!

転倒のダメージは メーター、左バックミラー他幾つもあるが 幸い今のところ走りへの影響は無さそうだ!

スロットルを開ければ イナズマは ストレス無く強力に加速して行く! 調子にのれば ぬゆわ辺りか!?

けれど この速度で転倒したら ひゃくぱーすぬ!!

そう思った瞬間、 恐怖心が増幅される!!

左肩から胸にかけての痛みが いつ治まるともなくうずき そのことが自分をさらに弱気にさせて行く。

でも あと2時間も走れば家に着く! そう あと2時間だ!!  着いたら まずは風呂に入ろう♪

ぜったい暖まる! ぜったい気持ちいい! そう今の状況がいい思い出に変わっているはずだ!!

そんなことを思い浮かべながら そして今日のツーリングのこと!参加メンバーのことをあれこれ

思い出しながら 休憩ポイントは浜名湖SAかな??などと 寒さと痛さと恐怖心を紛らわせながら

負傷のイナズマを頼りに ときには歌を口ずさみ家路を急いでいた。

          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・

ひと月ほど前の10月下旬、ぐりふぉんさんから 紀伊半島ツーのお誘いを頂き

この日をどんなに楽しみにしていたことか!!


数日前からあれこれ準備をし 待ち遠しいことしきりでした♪



そして当日 午前3時40分、まだ真っ暗な静岡の自宅を出発!

250Km先の集合場所、伊勢自動車道安濃SAを目指しました!

ルートは 夏に2度イナズマを走らせているR1、R23!

この時刻に出発すれば 名古屋に着くころには 紫色に染まる空が見られるはずだ。


予想通り 体感気温はかなり低く寒いが 今日はこの時間帯をやり過ごせば

これ以上の寒さに震えることはないと確信していた。


早朝のR1は トラックの交通量が多く いいペースでは走れなかったが

それでもストレスを感ずるほどでもなく 思い描いたように距離を稼ぐことができた。


そして予定通り名古屋市に入ると 東の空が明るくなってきた。

夜明け前のこの感覚は 何とも言えない心地良さだ!!



今日も楽しくなりそうだ♪



そんな予感を抱きながら 三重県に入り鈴鹿市を目指す。

三重県に入れば 集合場所の安濃SAまでは すぐだと思っていたが

途中 給油を済ませて 安濃SAに到着したのは午前8時20分頃だった。


静岡を出て約5時間! 下道を堪能してルンルン気分で駐輪場に 一番乗りでした~☆

002_convert_20101206210414.jpg


しばらくして ツーリングコンダクターの ぐりふぉんさんが 静岡からばびゅ~んと登場!!


つぎに10月の伊豆ツー以来のボル君が地元鈴鹿から余裕の到着♪


そして 兵庫県から お会いできることを楽しみにしていたマノさんが華麗に駐輪場に入って来ました☆

マノさんの愛車CBR600RR シャープなスタイリングがレスポンスの良さを伺わせます!!

003A_convert_20101206210453.jpg



そして 最後に京都府から こちらの方にお会い出来るのもたのしみだった ちえしやさん☆

売り出し中のバリバリ今どきネイキッド! グラデュウス

004_convert_20101206210528.jpg


今日の参加者5名が集合したところでブロガー同志、初対面のような そうでないような

すこし興奮気味な挨拶をかわし みんな笑顔になったところで ツアコンのぐりふぉんさんを先頭に

伊勢自動車道・紀勢自動車道からR42を南下!


本日ひとつ目の寄り道ポイントに爽快にすべり込みました♪

008A_convert_20101206210600.jpg


まずはここに来たかった!!



ウ~~~マンボウッ!!

そう看板の通りですが マンボウの町 紀伊長島町の道の駅「紀伊長島マンボウ」です♪

009_convert_20101206210636.jpg


ここに寄り道した理由はこれ!!

011_convert_20101206210711.jpg


どんな味を楽しめるのか?? 是非食べてみたかったマンボウ串焼き

010_convert_20101206210746.jpg


さっそく実食!!


ひと口ほお張って 思わず美味しゅうございます♪ ビールのお供に良い感じです☆

初めて食べましたが 敢えて例えるなら鳥肉の龍田揚げと申しましょうか!!

もうひと串行きたくなる衝動に駆られます♪

012_convert_20101206210821.jpg


マンボウを体験し 気分も上々!!

御一行は R42をさらに南下、R311を進むと深い入江の美しい景勝地が続きます。


南紀は 伊豆に似た感じだと聞いてはいたけれど 体感としては伊豆をスケールアップした印象!!

とにかく景色は綺麗です☆

013A_convert_20101206210853.jpg


先導のぐりふぉんさんが 景色の抜群な駐車場にバイクを止めてくれて

しばし撮影会の開始です!!

015A_convert_20101206210929.jpg


あらためて 本日紀伊半島ツーの参加者です!

まずは ぐりふぉんさんのCB750☆

020_convert_20101206211005.jpg


お次は ちえしやさんのグラデュウス400☆

021_convert_20101206211045.jpg


そして マノさんのCBR600RR☆

022_convert_20101206211126.jpg


こちらは いいやつボル君のCB400SB☆

023_convert_20101206211207_20101206212647.jpg


しんがりは 私みるくBOYのGSX1200☆

024_convert_20101206211340.jpg


この駐車場、見下ろす入江の景色はすばらしく綺麗でしたが

バイクのコーナー撮影にも もってこいのポイントでした♪

マノさんが スローモーション撮影機能付きのデジカメを持ってきたというので

参加者全員のコーナリング撮影会を開催することに!!

・・・・・その映像は マノさんがアップしてくれるかもです!・・・・・


私が撮ったコーナリングから戻ってきた マノさんの走行写真!

CBR速すぎて ここまで入れるのが限界でした!!

025_convert_20101206211416.jpg


天気も良く景色も最高~☆

暖かだし気分もますます上々!!



そして次のポイント目指して 御一行は出発するのですが・・・・・

その先に 歓迎されないサプライズが待っていました

026_convert_20101206211456.jpg


海沿いR311からの眺めはゆったりとしていて

つい見惚れてしまうほど 私にとっては魅力的なものでした♪

しばらく進むと道路が一車線に!  プライベートビーチの様なサーフポイントも見えてきて

おッ!! ここはいつか えがやんさんが来ていた道だなぁ~ なんて思いながら走っていると


少々細く酷道気味な雰囲気に~

ここからは 実はあまりよく覚えていないのですが・・・・・・・

右ブラインドコーナーを抜けると 工事中の光景が目に入っていたと思う。

海側の左車線は工事中! 右側の下り ゆるいS字状態の一車線が通行できるようになってる!

そしてそこには なんと砂利と砂がのっている状態に~~

瞬間 あわわっ!! と思いながら 前を行くマシンに目をやると、左右にお尻を振っている!!

立ち直れ~!!と思ったが 願いも虚しくスライディングして行くマシン!!


最後尾を走っていたという認識はしっかりしていたので 前の3台はここを無事通過していったことは

確信できた! つまり私の後ろには メンバーのバイクはいない!!


そんなことが頭をよぎりながら 目の前のスライディングの一部始終を目撃し

不覚にもフルブレーキングをしてしまったと思う!!

次の瞬間 当たり前のようにダブルスチールのごとくスライディング~~


左に倒れながら ハンドルを離しちゃだめだぁーと思っていました。

そんなことで どうにかなるもんじゃないのに ハンドルを離したらイナズマが前のマシンに

突っ込む~~!!と考えたのだ思います。


一瞬のうちに 2台のバイクがころがっているというあり得ない状況に!!


後続車が有りはしないかと振り返りましたが 幸い無さそう! でもいつ来てもおかしくない状況のなか

ころがったイナズマから足を引き抜き立ち上がりましたが 左胸に息をするのも辛い程の激痛が!!

とてもイナズマを引き起こす腕力も気力もありませんでした。


何とかしなければと 回りを見渡すと工事作業員の方が2人 目に入りました!

藁をも掴む心境でよろよろと近づき 2台にバイクを引き起こしをお願いしました。

側溝にハマり込みそうになっていた2台のバイクでしたが 2人の作業員の方のおかげで

引き起こしてもらうことができました。これで2次災害を避けることができ一安心でしたが

左胸の激痛は治まる気配がありません。


幸い前のバイクの損傷は少なくライダーも大丈夫そう!!

イナズマはというと スピードメーター半壊他 バックミラー、ハンドル、クラッチレバー

メーターバイザー、ウインカー、クランクケース、サイドスタンド、センタースタンドなどに

涙ものの損傷が・・・・


それでも自走可能な状況が 不幸中の幸いでした。

年のせいもあり記憶も曖昧になっており 話も前後していますが

そんな状況のなか 前を走っていたメンバー3人が事態に気付き戻ってきてくれ

レスキューにあたってくれたのは言うまでもありません。


ぐりふぉんさんが バイク点検修理のためのバイク屋さんや 私のために病院探しを必死にしてくれて

いたのですが ここでもう一つアクシデント発生!!

レスキューに戻ってきてくれた1台のバッテリーがあがり 始動しない状態に!!

ここでも ぐりふぉんさんが大活躍!! 

地元の方から情報を得て 手分けしてブースターケーブルを近くのスタンドから調達!

私は役に立たず その状況を見守ることしかできませんでしたが

初顔合わせのメンバーが強力し合い 事無きを得ました。



そんなことが有り 行程の変更をよぎなくされることになってしまいましたが

5台揃って移動できる状況になったため バイク屋さんと病院を求めR42に 進むことに!

しかし やっと見つけたバイク屋さんが妙に怪しかったり ご主人が留守だったりで・・・・・



昼もかなり過ぎていたので ちょうど近くにあった うどん屋さんで昼食をとりながら

休息も兼ねて 病院 & バイク屋さん探しをすることになったのですが

このお店のご主人や女将さんさんが あれこれ協力してくださり・・・・・


土曜日ということもあり またとっくに昼を過ぎていたため 診療していただける病院は見つけることが

できなかったものの バイク屋さんを教えていただくことができました。


メンバーの皆さんは 私の身体のことを心配してくれていましたが

私自身は かなりの痛みはあったものの おそらく全治2週間程度の打撲だろうと

踏んでいたので 食事のあとは皆で教えてもらったバイク屋さんに向かい

2台のバイクを見てもらうことになりました。

027_convert_20101206211601.jpg


うどん屋さんから然程離れていなかったバイク屋さん!

事情を話し点検をお願いすると 気のいいご主人が笑顔で見てくれ

走行には問題なしとのこと! お代は??と聞こうとすると ご主人それを察して

「いいよ!いいよ!」とシビレル気風の良さ☆


62歳になるというご主人! つい最近息子さんと 静岡市清水区の三保まで富士山を見るツーリングに

行って来られたばかりだとのこと! 愛車を見せてくれるということで すこしばかり離れたガレージに

案内してくれました! そこには綺麗に整備されたZⅡ(Z750RS)が~☆

若いころは かなりのイケメンだったと思われるダンディーなご主人でしたが

その気質にも惚れ惚れしてしまうカッコ良さでした!!


なんとか2台のバイクの状態の安全確認も出来たものの

このアクシデントで時間もだいぶおしてきて 陽も傾いてくる時刻となり

せっかくここまで来たのだからと 近くの名所に立ち寄ることに!!

029_convert_20101206211642.jpg


こうして 5台を並べて記念写真を撮っていると すこし前のアクシデントが嘘のようですが

治まらない左胸の痛みが わたしを現実に引き戻します。

それでもなんとか我慢のできるレベルだし バイクの運転も大丈夫そうなので・・・・・

032_convert_20101206211719.jpg


陽が暮れるまえに もう一箇所!

040_convert_20101206211759.jpg


マノさんが こんなに小さく写っていますが・・・・

長い年月と自然の力が作りだした 驚きの光景!!

039_convert_20101206211832.jpg


足早に暮れゆく鬼ヶ城を散策し 帰途に就くことになりました。

036_convert_20101206211915.jpg


この時点で時刻は夕方の5時ごろだったかと思いますが

暗くなり始めたR42を休憩をとりながら紀勢自動車道に向かい

紀勢自動車道から伊勢自動車道へと寒さに震えながら高速を疾走!!

お開きポイントの安濃SAに到着することができました。


そして ここで夕食をともにし それぞれ帰途に就くことに!


楽しみにしていた 紀伊半島ツーリング☆

とんだハプニングで皆さんには迷惑をおかけしてしまい大変申し訳なく思うとともに

初対面の方も多い中、皆さんのご協力にただただ感謝するばかりでした。



そんな皆さんとのツーリングもお開きとなり

再会を約束し 負傷のイナズマと静岡を目指し走り出したのでした。

          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・

やがて 伊勢湾岸自動車道を走りきり 豊田Jctから東名高速道路に入ると

午前0時になる頃、ほうほうの体で目標にしていた浜名湖SAにすべり込み

冷えて震えの止まらない身体を暖めることにしたのですが

この震えがなかなか治まらず 結局30分程フードコートの片隅で固まっていることになりました。



なんとか震えも治まったところで 気持ちを奮い立たせ静岡市に向け真夜中の東名高速に飛び出しました。


ここからなら1時間以内に家に着く!!



牧之原を越え 日本坂トンネルを通過すると 安倍川の向こうに我が街の灯りが見えて来ました。


そして午前1時過ぎ 家族が寝静まった我家になんとか辿り着くことができました。

無事にというわけには行きませんでしたが、自走して帰って来れたのだから

幸運だったなぁ~などとしみじみ思いながら 参加メンバーに帰宅のメールを送りました。


こうして走行距離800Km、22時間の紀伊半島日帰りツーリングを良い思い出とすることができました。

このツーリングでの教訓を肝に銘じ これからのバイクライフを楽しみたいと思います。






バイクFAN | コメント(10) | 2010/12/14 22:34
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。